慰謝料の算定基準

もしも交通事故に遭ってしまい、被害者となってしまった場合には、慰謝料を相手方に請求することができます。慰謝料とは、治療費や、買い替えにかかった実費とは違って、目に見えない精神的な苦痛を、金額に換算したものを指す言葉です。

精神的な問題ですので、自分が交通事故によって受けた、苦しい気持ち、ショックを受けた思いを金額にすることは、とても難しいものです。そのため、交通事故の慰謝料には「算定基準」という、このケースだと、このくらいの金額が慰謝料として妥当、という相場が決められています。ほとんどの場合は、その基準に従って慰謝料を請求することになります。

交通事故の慰謝料の基準は、大きく3つに分けられます。
まず最初は、すべての運転者が入っている自賠責保険の基準が挙げられます。現時点では、1日あたり4200円とはっきり決められています。ケガなどの治療に通った日の合計、もしくは、すべての治療にかかった期間のどちらか短い日数を掛けることで慰謝料が計算されます。自賠責保険は、ケガで治療、通院した時しか支払われません。

さらに、支払われる上限の金額が120万円と決まっています。そのため、不足の分は、任意で加入している自動車保険から支払われることになります。

筆者について

管理者

記事を表示 →