弁護士に示談を頼むメリット

交通事故の被害者となった場合、慰謝料を請求するための計算方法で、もっとも高額になるのは、弁護士基準と呼ばれる基準です。保険会社からの慰謝料の提示に納得ができない場合など、また交渉をできる状態ではなく、代理でお願いしたい場合には弁護士を依頼することになります。弁護士は法律、そして交渉のプロですので、当事者の代わりに交通事故の慰謝料交渉を行うことができます。

弁護士が慰謝料を交渉する際には、東京の弁護士会によって組織されている交通事故処理委員会が算定した「弁護士会算定基準」という表を参考にされることがほとんどです。入院した期間と、実際に病院に通院した期間によって決められます。任意の自動車保険の基準と同じように、軽傷と重傷の場合では、計算の基準となる表が変わってきます。弁護士基準の場合は、大まかに考えると、任意の自動車保険の基準より15万円ほど多くなるようです。

歩行者として交通事故に遭った場合などは、自分が加入している自動車保険は使えません。ただ「弁護士費用特約」を付けている場合には、自動車に乗っていなくても、弁護士へ相談をして、代理として慰謝料をはじめとして示談交渉をしてもらう費用を補償してもらうことができますので、交渉をスムーズに進めることができます。加入をしている自動車保険の内容を見直してみましょう。

筆者について

管理者

記事を表示 →